群馬県・栃木県・埼玉県の不動産【賃貸・売買】

会社
会社
問合せ
問合せ

新卒採用

プラスαの情報提供を

工藤 功喜/20代/男性/四大卒/2019年入社/賃貸アドバイザー

入社理由
私は、親が不動産経営をしていたこともあり、学生時代から不動産に対して興味がありました。それがきっかけで宅建という資格を知り、勉強を始めました。当時は大学3年の時で、就活の真っただ中でしたが、どうせなら不動産屋さんで働きながら資格も取ってみようと思い、インターンという形で入社しました。
仕事における今後の目標
人の住む家を探すという任はとても責任が重く、毎日それを実感しています。しかし、不動産は同じ商品が二つとないところが、お部屋探しや紹介の魅力であると感じています。今後の目標としては、地元のお部屋事情に詳しくなるとともに、日々新しい情報を取り入れることで、お部屋を探しに来られる皆様に、お部屋以上の価値を提供できればと思っています。

いいお部屋があっても周りに何もなければ、そこは住みにくい環境といえるかもしれません。実際に住んだ場合に、買い物ができるスーパーは近くにあるのか、飲食店は多いのか少ないのか、おいしいお店はどこなのか等、お部屋を探しに来られる皆様にプラスαの情報提供ができるよう、日々学び続けております。
休日の過ごし方
休日は土日にもらえることもありますが、平日が多めです。平日のお休みだと「なかなか友達と遊べないのでは?」と心配される方もいるかもしれません。実際、土日休みの友達とはなかなか休みが合わず、なかなか遊ぶことができません。そのかわり、たまの土日休みでは思う存分友達と遊びに行きます。

平日のお休みの日はいつもより少し長めに睡眠をとります。私は一人暮らしをしているので、たまった洗濯や掃除など家事を一通り終わらせます。また、気分が乗った日は普段やらない所の掃除もします。

「平日に一日中一人って暇じゃないの? 寂しくないの?」と思われるかもしれませんが、私はあまり感じたことがありません。旅行やドライブが好きなので、気ままに出かけたり、美味しいものを食べに行ったりします。平日は出かけてもあまり混まないので、ゆったりとすることができます。あと、みんなが働いているときに自分が休みをいただいているという優越感も味わうことができますよ。

営業職として目指すべきこと

篠部 大輝/30代/男性/四大卒/2017年入社/賃貸アドバイザー

仕事上での成功談・うれしかったこと
初めての契約獲得は何よりもうれしかったです。初めて来店されたお客様でお会いするのも初めての方でしたので、事前の準備なし、お部屋探しの条件なども伺うのが初めてで、そこからお客様のご要望に合わせてお部屋を絞っていきました。実際にご案内をして、お客様からその場で「ここに決めます」とお話しがあった時は、正直「本当にここで良いのかな?」と思ったほどです。ですが、お客様がすごくうれしそうな顔をされていて、それを見た時は、純粋に「ありがとうございます」と思いました。
仕事における今後の目標
今後の目標は、ご来店されたすべてのお客様のお部屋を決めることです。難しいことであることは百も承知ですが、営業職としては必ず目指さなければいけないことだと思います。お客様のご希望をしっかりと聞くこと、そして、その希望のお部屋をお探しすること。簡単そうですが、営業職として一番難しいことでもあります。その難題に少しでも近づけるように、自分の知識・経験を日々吸収することこそ、大切なことであるのではと思います。
就活アドバイス
自分の就活時代から時間が経過していますが、今も昔も変わらないであろうことは、【人の話をよく聞く】ことだと思います。企業説明や企業紹介、就活するうえでさまざまな企業・職種の方のお話を聞くことがあると思います。ですが、その話の内容をまったく理解していない人とよく理解した人では、就活するうえで、ひいては社会人になった後でも、影響します。人生で一回しかない新卒というブランドを生かすも殺すも自分次第、後悔のないように真剣に取り組んでいってください。

一番うれしいこと

菊池 美佳/20代/女性/四大卒/2017年入社/賃貸アドバイザー

仕事上での成功談・うれしかったこと
いろいろなお客様がいらっしゃるので、たくさん失敗もしましたが、うれしいこともたくさんありました。何より一番うれしいと思うのは、アパマンショップを選んでくれた、ということです。最近はほとんどのお客様がネットでお部屋を調べてから来店します。数ある不動産会社の中でもアパマンショップを選んで来店してくれるのは、とてもうれしいことだと思います。複数の不動産会社に行っているお客様も多くいます。他業者に行った後、『やっぱりアパマンがよかった』と戻ってきてくださったお客様の言葉を聞いたときは、慣れない土地で試行錯誤しがんばってきて良かったと心から思えました。

賃貸部のとある1日

08:00
出勤
朝一でお問い合わせのメールやお客様からの連絡をチェックします。開店前のお客様の来店がない時間にメールの対応や事務処理を終わらせるように心がけています。
10:00
開店
案内がある時は準備しでかけます。予約が入っていないときは事務所で契約書の作成など行っています。日中は入居者の方からのクレーム等も入るので、電話応対は常に並行して行っています。それでも平日は来客も少なく電話も少ない日があります。そんなタイミングで物件の写真撮影にでかけます。いい写真をネットに載せるとお問い合わせも増えるので、大切なお仕事です。中で行う仕事と外に出る仕事ちょうど半分ぐらいです。
17:00
閉店
また来店や電話が入らない時間です。事務処理等を進めていきます。次の日の案内の準備をメインに行います。案内で契約にならなかったお客様へ連絡し、取り逃すことのないようにこまめな連絡も心がけています。
18:30
退社

さまざまなことにチャレンジ

藤井 彰弘/20代/男性/四大文系卒/2017年入社/賃貸アドバイザー

現在の仕事内容
進学や就職、結婚などさまざまな理由でお引越しを検討されているお客様に賃貸物件のご紹介をするお仕事です。お客様の希望の条件に合う物件を提案するために、多くの物件を知る必要があります。物件確認や不動産情報サイトを見て、日々自分の知識と情報を更新しています。契約書の作成など書類仕事もありますが、お客様に満足いただける物件の紹介が1番の仕事です。
学生時代に力を入れたこと
社会人になると、歓迎会や忘年会とさまざまな場面で余興をします。私は学生時代に軽音サークルに所属していたので、そのときの経験が役にたちました。飲食店でバイトをしていたので、はじめての接客の際に緊張せずに対応できました。些細なことでも学生時代に経験したことが、会話のタネになります。時間に余裕のある学生時代に、さまざまなことにチャレンジしてみてください。

毎日が勉強です!

歌書 美香/20代/女性/四大文系卒/2015年入社/賃貸アドバイザー

現在の仕事内容
主な仕事として、お客様が来店されてから入居するまでの物件の紹介、案内、契約業務を行っております。また、電話応対も多くの時間を占めております。
職場の雰囲気
支店や部署によって雰囲気はさまざまですが、私の部署は個性豊かな人がそろっており、毎日楽しく働いております。
また、先輩方がしっかり指導してくださいますので、質問もしやすい環境になっております。
会社を選んだ理由
人と接することが好きな私は、接客業を基準に選びました。住まいを提供するという、人間の生活の基盤となる仕事に魅力を感じました。
アドバイス
就職とは、ただ単に働くということだけでなく、自己を成長させるという利点もあると考えております。自分自身がどんな人間で、どんな会社に合っているか、また、そこでどういった成長を遂げたいか、よく考えてみてください。
辛い時期であるとは思いますが一つ一つの面接を真剣に丁寧にこなして頑張ってください!

賃貸部のとある1日

08:30
出社・朝礼・清掃
おはようございます! 今日も一日頑張るぞ!!
09:30
契約書類作成
自分が担当の契約処理を行います。
10:00
お店OPEN
自動ドアを開けて営業開始!
11:30
昼休み
ランチターイム! 近くのレストランへレッツゴー。 ほっと一休み。
12:30
問い合わせ対応等
14:00
お客様ご来店・ご案内
お客様に会う物件を探し、お客様と一緒に物件を見に行きます。
17:00
お店CLOSE
営業終了です。
17:30
金庫締め
18:00
終礼
今日一日に有った出来事を上司、同僚へ報告し、反省点など話し合います。
18:30
退社
今日も一日お疲れ様でした。

PAGE TOP

© 2019 株式会社群馬総合土地販売