群馬総合土地販売インターンシップ

大学3年の年明けからインターンで入社

voice 1. 工藤 功喜(2018年4月)

入社理由

私は大学3年の年明けからインターンで入社させて頂きました。もともと不動産関係の仕事に就きたいと考えておりましたので、もう働いてみないかと仰って頂いた時は2つ返事で承諾させて頂きました。インターンでの入社を決めたのは、出来るだけ早く仕事を覚えたいと思ったからです。私は大学での単位もほとんど取り終えていた為、比較的自由に1年間を過ごせる状態にありました。そこで、この1年間をせっかくだから入社後につながる仕事をしよう、仕事を早く覚えるために1年間勉強させていただこうと考え入社を希望しました。

仕事上での成功談・嬉しかったこと

入社した時期が繁忙期ということもあり、すぐに電話対応やお客様の案内などの業務の研修がありました。今まで従事してきたコンビニや飲食店などのアルバイトとは違い、お客様との距離が近く、また、不動産賃貸という高価なものを扱うという複雑さにとまどい、心が折れそうになる時もありました。しかし、先輩社員の方々はどんなに忙しくても、優しく、丁寧に教えて下さり、それがとても励みになりました。また、それが仕事をもっと頑張ろうという大きなモチベーションにもつながり、現在は毎日張り切って仕事をしています!

学生時代に力を入れたこと

私は大学時代弓道部に所属していました。そこでは非常に多くのことを学ばせて頂きました。体育会の部活だったこともあり、上下関係はもちろんのこと、1つのことを続ける忍耐力も養ったと思います。弓道は結果がすべての競技であり、経験歴に関係なく的に当てなければ選手として選ばれない競技です。私は大学から始めたため、経験者の友人も多くいましたが、彼らに負けないために毎日必死に練習しました。その結果として最後の大会に出場し結果を残せたことはもちろん、人一倍努力すれば結果がついてくることや、その達成感がとても気持ちの良いものであることを学びました。

voice 2.
現在、大学に通いながら研修中
上村 勇太
エントリー